自宅の環境を整えて、よりよい暮らしを送れるようにしましょう

LEDが人気

急増するLED交換について

最近は家庭でも照明のLED交換が急増している。理由は消費電力の少なさ、つまり電気料金の節約と耐用年数が長い事である。特に消費電力の少なさについては特筆すべきである。例えば30ワットから40ワット相当の明るさのLED電球でも消費電力は約5ワットから6ワットと5分の1以下しかないからである。たしかに通常の白熱電球に比べればLED電球は高価かもしれないが、短期間で元が取れるのは間違いない。したがって、LED交換をすすめる家庭は急増している。中には全ての電球、電灯をLED交換した家庭もあるほどである。それだけ、LED電球の消費電力の少なさは優れているといえる。 また、10年間という耐用年数もLED電球の大きなメリットである。

今後も進むであろうLED化

今までの流れから見て、今後の家庭のLED交換は増加の一途をたどると思われる。新築の家はほぼ全ての照明がLEDが利用されている上に、従来の家庭でも電球や蛍光灯の交換時期を機会にLEDへ切り替えするケースが増加するであろう。 LED電球などのLED照明器具の値段が求めやすくなった現在は特にその傾向にあるだろう。 テレビがブラウン管から液晶へ変化していったのと同様に、白熱電球や蛍光灯からLED照明へ進化を遂げていっている。今後は現在のLEDがより進化した照明が出てくるであろう。より明るさを持ち、より消費電力が抑えられたLED電球である。消費者はよりエコな商品を求める傾向にあるので、近い将来に実現されるであろう。